« 市東さんの畑に立つ~取り巻く状況を肌で実感 | トップページ | 農地裁判、勉強会にお集まり下さい »

「これからも農民として農地を守る」

―市東さんのあいさつ(9・25フィールドワーク)

110925shitou  皆さん、お疲れ様でした。
 今日見ていただいたように、このような中で農作業やっています。まあ、私は元気にやってますんで、皆さん、安心して下さい。
 今日初めて見えてくれた方もいると思いますが、三里塚闘争46年目、やっぱり「国策だから何をやってもいい」という国や空港会社の論理は成り立たないんですよ。自分たちが何か違法なことやってるわけでもなく、普通の生活をして、追い出されるようなことはひとつもないんです。そういう中で農地を取り上げると。
 私がこっちに帰ってくる時、あそこの畑はもう土地収用法では取れないんだと、そういうことを聞いて、だったらそこで一生畑ができると、そういう思いで帰ってきてやってたんですね。そしたら今度、農地法をねじ曲げて取り上げようというわけです。だから法律ってものはやっぱり、弱い者の味方じゃなく、強い者がやりやすいようにあるんだなと。
 これからますます成田空港も落ち込んでいきますよ。30万回(年間飛行回数)なんかとてもできないと思います。ですけど、彼らの中では形をつくって、いつでも対応はできますよということを見せないとならない。その中で反対している人間がいてはまずいんだと。10月からは同時平行離発着ですか、そういうこと考えてますけど、とんでもない危険なものだと思います。
 私は、農民として農地を守るという形でこれからも頑張っていきますんで、どうか皆さん一緒にお願いします。頑張りますのでよろしくお願いします。

|

« 市東さんの畑に立つ~取り巻く状況を肌で実感 | トップページ | 農地裁判、勉強会にお集まり下さい »