« **女たちが、街でアピール** | トップページ | **市東さんの農地取り上げに反対する署名、裁判所に提出しました(7月17日)** »

耕す者から農地を奪うな! 判決に向かって大集会 7・14千葉市中央公園

Shitou_ss_2 Hachiyoubi_ss_2
7月14日(日)、市東さんの裁判で、絶対に勝とう!!という集会を千葉市でやりました
12時からのライブには、大阪から、元気バンドはちようびが、機材も持って来てくれたよっ
反原発運動の友人たちも、ギターやジャンベ(太鼓)を持って、駆けつけてくれました
リハーサルをやっている間に、当会の事務局メンバーも集まって来ました
バックアップしたいと手料理の差し入れを持ってくる人が多く、ブースはたちまち、食料庫に
さぁ12時だ、始めよう!
みんな、ピリッとした表情になって、ステージに向かう-
「歌なんかうたってる場合か、とか思ってる人も絶対おるねん」-大丈夫、うまくいくよ!
 
「裁判官だって、野菜を食って生きてるんだ! 農地は命だ!!」
熱い叫び声から始まった1時間
福島を想う歌
大地を守ろうという歌
沖縄の基地の歌
優しい温かい歌声からも、熱いシャウトからも、パワフルなリズムからも、福島や沖縄とつながるそれぞれの気持ち、市東さんの農地への想いが溢れ出す
TシャツやCDを、たくさんの人が買ってくださって、若い人も、ベテランさんも、受け入れてくださったんだなぁって嬉しかった
 
話が上手な人は、演説すればいい
書くのが上手な人は、文章を書けばいい
歌うのが上手な人は、歌えばいい
さまざまな表現方法で、市東さんの農地を守るために、この問題を広めていこう!
 ▼写真上:「勝利できると信じる」と発言する市東さん
   下:市東さんの会のデモでジャンベを叩く「はちようび」
────────────────────────
*市東さんとともに*
集会では、裁判を取り巻く現状をお話させていただいた
裁判で千葉地裁に来ないで、テレビカメラを通じて証言をした石指氏(国交省成田空港課長だった人)が、7月1日に成田空港会社の取締役になったこと
この人事を夏目社長が「攻めの人事」と称していること
判決文を書く多見谷裁判長は、県内の他の裁判でも、ひどい訴訟指揮で怒りをかっていること
裁判では、弁護団のみなさんと、市東さんご自身も本当に頑張って、たくさんの勝利の証拠を積み重ねてきたけれど、こんな状況からいくと、どんな判決になっても屈しないという気持ちで臨む必要があると思うこと
そして、4月末にお願いした裁判支援緊急カンパは、この時点で195万5500円
第1次目標の200万円まで、あと少しです
ありがとうございます
さらに出費が予想されることから、倍の400万円を目指して、緊急カンパをお願いすることに
引き続きよろしくお願いします
*市東さんの声を広めよう!*
「私が子どもの頃、農家はどこも貧しく、私も外で働く道を選びました。農家が、決して豊かではないけど守ってきたものを、当たり前のように取っていくやり方が、私にはどうしてもガマンできない。カネを出すというけれど、その価値に代わるものなどないんです。
私はこれまで重ねてきた裁判を思えば、必ず勝利できると信じています。しかし、決して予断を許しません。不当判決・仮執行宣言を許さない、迎え撃つ決意で判決に臨みます」
──発言したときの、市東さんの厳しい表情が印象的でした
そして、弁護団のみなさんの力強いお話に、半月後に迫った判決公判へ、できることをなんでもやろうと思いました
*初めて参加してくれた人たちとデモ!!*
千葉市街のデモは、参加者900人の最後尾に、サウンドカーを出しました
横断幕を持ってくれたのは、ほとんどが初参加
笛吹きをかってでてくれた友人も、市東さんのデモは初めて
沿道の人がサウンドカーに貼ってある横断幕をみる
いちばん読んでもらうことが多い左側は、当会のスローガンコンペで最人気だった「耕すものから農地を奪うな」
読んで顔をあげ、会釈してくれる人が多い
バスの中から大きく手を振る人がいる
お店の中から手を振って写メを撮る人がいる
途中から、はちようびのみんなが、ジャンベを持って合流~パワーを増して、先にデモを終えた方たちがいる公園へ
拍手で迎えられ、市東さんもみんなと握手を交わす
みんな茹でダコみたいに真っ赤だけど、充実感でキラキラした表情で、「29日の裁判も来るから」「今度、市東さんの畑に行きたい」
うん
市東さんとともに進む仲間を増やしていこう

|

« **女たちが、街でアピール** | トップページ | **市東さんの農地取り上げに反対する署名、裁判所に提出しました(7月17日)** »