« 観て、感じて、考える!  本日(15日)から写真展 いよいよ開催 | トップページ | 毎日新聞に掲載されました! »

初日盛況! 絶え間のない入場者  塩田亮吾写真展と農地問題パネル

20140615_1_genkan_s 20140615_2_zenkei_s 20140615_3_dvd_s
20140615_4_tichi_s 20140615_5_natsu_s
 写真展は大盛況です。初日は日曜日でしたが、10時の開場から観客は引きも切らず、私たちスタッフが一息ついたのは夕方5時でした。その後も続いて人が来て、最後は閉場まぎわにすべりこむ人もいました。

 訪れる人の層はさまざまで、ブログやツイッターで知ったという若い人たち、街頭でビラを受け取って訪れた人、遠く群馬県からも。また、九段の生涯学習館は地域の人たちにすごく利用されていて、オーケストラや語学の勉強で施設を利用した人たちが立ち寄ることも多くありました。
 むかし「三里塚」に足を運んだ中高年から、まったく事情を知らない若者や子どもたち。
 何も説明のない写真を見ながら思いをめぐらし、考えて、最後に農地問題のパネルを観て驚きます。そしてスタッフに尋ねてくる。にぎやかな写真展です。

 マスコミの取材もありました。
 私たちは新聞社やテレビ局、外国人記者クラブにも写真展と裁判のビラを届け、神保町の書店やシアターに置かせてもらい、街頭でビラ撒きして訴えています。写真展を機会に市東さんの農地問題が広く知られるといいなあと思います。
 期間中、ぜひお運びください。(KG)

|

« 観て、感じて、考える!  本日(15日)から写真展 いよいよ開催 | トップページ | 毎日新聞に掲載されました! »