« 6・15耕作権裁判  更新意見全文 | トップページ | 空港会社をさらに追及 _位置誤認と偽造証拠をめぐり  9・14耕作権裁判 »

9・14耕作権裁判 再開第2回裁判にお集りください!

●9月14日(月)午前10:30〜
●千葉地裁 601号法廷
  ※傍聴整理券が発行されます。傍聴希望の方は、9時45分までにお集りください。

 再開第2回目の今回は、この裁判の一番の争点である契約畑の位置の誤認と偽造証拠をめぐる空港会社のデタラメな主張をうち砕く大事な裁判です。
 前回裁判の更新意見で空港会社は、彼らが考える「争点」なるものを9点あげ、全文26頁のうち10頁をこの問題にあてています。空港会社にとっては、ここで負ければ裁判自体の敗訴にいきつく大問題だからです。
 しかしその内容は、偽造証拠についての開き直りであり、市東さんが提出している元永メモ(場所に関する市東東市さんからの当時の聞き取り報告)や関根トメさん(南台の畑の一部を賃貸していた石橋政次氏の妹)の聞き取り報告、さらに航空写真などの証拠に弱々しく反論するにすぎないものでした。弁護団はこれをこなごなにうち砕く弁論を行います。
 また、そもそも空港会社が地主の藤﨑政吉氏から農地を取得したとすること自体の違法性について、農地法裁判(上告審)で明らかにされましたが、この裁判においてもこの日、全面的に主張します(農地法3条・5条問題)
 前回裁判では、偽造文書に関する裁判所の文書提出命令を空港会社が拒否している問題に関して、岸裁判長はこれによる「サンクション(制裁)」についての意見を空港会社に対して求めました。追いつめられた空港会社の弁明に注目です!
 農地法裁判における控訴審不当判決─上告審のさなかにあって、市東さんの正しさがますます明らかとなっている耕作権裁判が、たいへん重大かつ緊迫の闘いに入りました。9・14千葉地裁へ、多くのみなさん、集まってください。

|

« 6・15耕作権裁判  更新意見全文 | トップページ | 空港会社をさらに追及 _位置誤認と偽造証拠をめぐり  9・14耕作権裁判 »