« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

4・25耕作権裁判は期日が延期されました

岸日出夫裁判長(千葉地裁民事第2部)の異動により、4月25日に予定されていた耕作権裁判は延期となりました。この日は裁判所と当事者のみによる、非公開の進行協議が行われます。

 したがって公開の裁判はありませんのでご注意ください。
 新裁判長については分かりしだいお知らせします。

|

白熱した弁論続く   2・29耕作権裁判

20160229_s
 2月29日、千葉地裁民事第2部(岸日出夫裁判長)で耕作権裁判が開かれた。この日は市東さん側主張の3回目。空港会社の信義則違反、耕作地の変遷事実に基づく「不法耕作」主張の失当など、弁護人が次々に主張を展開した。
 この日も多くの人がかけつけ傍聴席は埋め尽くされた。報告会で市東孝雄さんは、「空港会社は畑の形も場所もはっきりできず、そもそも裁判にならないものだということが、今日の弁論でもわかったと思う。国策裁判で、判決がどうなるかまったくわからないが頑張ります。3・27全国集会、7・3三里塚50周年と、行事もたてこむけれど、よろしくお願いします」と訴えた。

 今後の期日は、4月25日、7月11日。いずれも午前10時30分開廷。
 次回、最後の補充的な主張が行われ、その後空港会社の反論が予定される。
 耕作権裁判はいよいよ大詰め。最高裁の審理と併せて、農地取りあげに立ち向かおう!

▼写真 報告会で闘いへの支援を訴える市東孝雄さん

|

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »