« 原告・市東さんの準備書面(1)全文  請求異議裁判第2回 | トップページ | 6・26耕作権裁判へ »

請求異議第2回裁判報告(続き)

 5月25日の裁判で弁護団が陳述した準備書面(2)は、(1)に続く追加の主張。ここでは特に、口頭弁論終結後の新たな事実に基づく展開です。弁護団は以下の3点を取り上げ、本格的主張の前段の求釈明を空港会社に対して行った。

①成田空港の深夜早朝発着の3時間拡大、B滑走路北延伸と第3滑走路計画
②成田空港の国際線航空需要の減少
③取香地区におけるGSE置き場の増設

 ①について、3時間の拡大で静かな夜はわずか4時間。これまでの飛行禁止の規制を大きく破る計画に、空港会社の説明会で住民から強い不安と反対の声が上がっている。市東さんに対する強制執行は、これに繋がることから、周辺住民の生活を破壊し、憲法的保障の枠外に追いやることになる。

 ②については、2016年の運用実績を提示して、国際航空需要の減少を明らかにし、強制執行をやってまで本件農地を転用する緊急性も必要性もない。「増大する首都圏の国際航空需要に一刻も早く対応するため」という空港会社の口実は、ますます実態とかけ離れている。

 ③空港会社は、南台農地の一部につきGSE/ULD置き場とするという口実(架空の計画だ)で取り上げようとしている。しかしLCCターミナルに隣接する取香地区で、用地買収が進んだ結果、造成と道路工事が進んでいる。これによって広大なGSE置き場が確保できたのだから、南台の置き場計画は不要となった。

 これらの求釈明に対する空港会社の釈明を待って、次回以降、本格的な主張と論戦が行われることになる。
 強制執行を阻止し、最高裁判決を事実上ひっくり返す請求異議裁判とはどのようなものなのか? 第2回裁判を傍聴して、そのことが徐々に明らかになってきたように思われた。
▼取香地区のGSE置き場計画と新設道路
Tokkou_gse Shinsetsu

|

« 原告・市東さんの準備書面(1)全文  請求異議裁判第2回 | トップページ | 6・26耕作権裁判へ »