« 内田裁判長の稚拙な訴訟指揮で実質審理20分   2・19耕作権裁判 | トップページ | 小泉、加瀬、萩原、市東さん本人を採用するも、拙速・結審の動き露骨   3・8請求異議裁判 報告(1) »

小泉英政、加瀬勉、学者3名の証人採用を!  3・8請求異議裁判が山場

 弁護団の報告によると、請求異議裁判の進行協議(19日)において、高瀬順久裁判長は証人尋問について以下の意向を示したという。

 市東孝雄、萩原富夫の両証人を採用する
 小泉英政証人については採用の方向で検討する
 しかし、「加瀬勉証人は検討する」としつつも消極的。さらに3証人(市東、萩原、小泉さん)を尋問する場合でも、午後半日の1期日としたい旨述べた。
 これに対して弁護団は、2期日4人を絶対としたうえで、さらに内藤光博(憲法学)、鎌倉孝夫(経済学)、石原健二(農業経済)の学者3名の証人採用を強く求めた。

 請求異議裁判は、農地取り上げの強制執行が空港会社による権利濫用にあたることを最大の争点に闘われている。1971年小泉よねさんの土地収用は違法な過酷執行だったが、市東さんの農地取り上げはこれとまったく変わらない。小泉英政証人はその違法を問い続け謝罪と和解を勝ち取った当事者、加瀬証人は過酷執行の現場証人であり、お二人とも証言を強く求めている。
 さらに内藤証人は、憲法的人権の視点から公約違反(強制的手段の放棄)と営農権侵害を明らかにする。鎌倉証人、石原証人は成田空港の反公共性と市東さんの有機農業・産直型協同性の意義を明らかして、著しく均衡を欠き耕す権利を押しつぶす強制執行の停止・阻止を訴える。
 市東さん本人と、産直共同生産者の萩原さんの証言はもちろんのこと、これらの証言は絶対に欠くことができない。

 第5回請求異議裁判は、農地裁判の成否を決める正念場です。農地はまさに農民の命であり、強制執行は死刑の執行そのものというべきです。証人切り捨ての拙速裁判を許してはなりません。デモと傍聴闘争にお集まりください。

第5回請求異議裁判
 ・3月8日(木)午前10時30分開廷
 ・千葉地裁601号法廷
   ※抽選のため傍聴希望者は、10時までにお集り下さい
   ※デモがあります。9時、千葉市中央公園集合

|

« 内田裁判長の稚拙な訴訟指揮で実質審理20分   2・19耕作権裁判 | トップページ | 小泉、加瀬、萩原、市東さん本人を採用するも、拙速・結審の動き露骨   3・8請求異議裁判 報告(1) »