« 9月27日に最終弁論! 弁護団主張の通り決着  請求異議進行協議(7/9) | トップページ | 裁判所に迫る圧倒的な説得力!  石原・内藤両補佐人が意見陳述  7・17請求異議裁判報告(1) »

7・17補佐人陳述 傍聴へ  第8回請求異議裁判

 7月17日午後、千葉地裁民事第5部(高瀬順久裁判長)で、請求異議裁判が開かれます。この日は、専門家補佐人二氏による陳述です。
 石原健二さんは、農業経済学の立場から市東さんの有機農業と産直型協同性について、最新の農業指標と国連など世界の趨勢から、その社会的意義を明らかにします。空港会社の見せかけだけの「公共性」をうち砕く画期的な陳述となるはずです。
 また、憲法学の内藤光博教授は、市東さんに対する強制執行が過酷執行そのものであり、とりわけ「人間としての尊厳」(憲法13条)を踏みにじるものであることを明らかにします。
 いずれの陳述も、空港会社の権利濫用を論証し、強制執行を阻止するための、きわめて重要な陳述です。

 弁護団の最終弁論は、既報のとおり、9月27日(木)となりました。それに向かって、弁論のエッセンスが、この日、明らかにされます。
 請求異議裁判は、いよいよ、これまでの主張・立証の集約点に上り詰めようとしています。市東さんとともに、7・17千葉地裁に集まりましょう!

◾️第8回請求異議裁判
   7月17 日(火)午後2時開廷
   千葉地裁601号法廷
   補佐人陳述:石原健二さん(農業経済学)
            内藤光博さん(憲法学)
   弁護団口頭弁論(エッセンス)
    *抽選のため傍聴希望者は午後1時をめどにお集りください
    *集会とデモがあります。正午、千葉市中央公園集合

|

« 9月27日に最終弁論! 弁護団主張の通り決着  請求異議進行協議(7/9) | トップページ | 裁判所に迫る圧倒的な説得力!  石原・内藤両補佐人が意見陳述  7・17請求異議裁判報告(1) »