« 日本農業新聞に書評  『大地に生きる百姓 ──農業つぶしの国策に抗って』 | トップページ | 河北新報にも書評 ──「『亡国農政』を徹底批判」の見出しで »

11・18シンポジウムのビラです!

20181118_as 20181118_bs

 今年のシンポジウムは格別です。請求異議12・20判決直前の11月18日に開催します。
 判決を待つのではなく、確信をもって判決を迎え撃つ構えのシンポジウムです。
 昨年、私たちは「憲法と農業、農民の人権」という斬新なテーマのシンポジウムを開催しました。それから一年、市東さんの裁判はこの問題を主張のベースとして進行し、論点が研ぎ澄まされ、新機軸も打ち立てられて結審を迎えました。
 この裁判で切り開かれた地平とは? その成果を明らかにして、勝利への確信を打ち立てるためのシンポジウムです。ぜひお越しください!

 2018年11月18日(日)
  *文京区民センター
    東京都文京区本郷4−15−14
    最寄駅:地下鉄:春日駅、後楽園駅、JR水道橋駅東口
  *開場13:15 開始13:30
  *資料代 500円

|

« 日本農業新聞に書評  『大地に生きる百姓 ──農業つぶしの国策に抗って』 | トップページ | 河北新報にも書評 ──「『亡国農政』を徹底批判」の見出しで »