« 大きく「間違っている」のじゃないか! ──請求異議控訴審 11・9シンポジウム 報告(1) | トップページ | 大きく「間違っている」のじゃないか! ──請求異議控訴審11・9シンポジウム 報告(3) »

大きく「間違っている」のじゃないか! ──請求異議控訴審11・9シンポジウム 報告(2)

Shio_tr  休憩の後、稲作農家の小川浩さんから、厳しさを増す農業現場の報告を受けました。
 台風15号では、機械が故障して3万羽の鶏が死んだ農業仲間があったという。ハウスや畜舎が倒壊して、廃業や規模縮小を考える農家が生まれている。
 だが、
「今回の台風に限らず、今、農業は崩壊の危機に立っている。私の集落は50戸あるが、今や専業農家は3戸だけ」「かつては出稼ぎや兼業で農地を守ってきたがそれもできなくなっている」と話しました。
「ここ5年で農業人口が76万人減り、農家収入も減っている。安倍は『8割の農地を担い手に集中させる』と言うが、政権が思うようには進まない。中山間のように条件が悪ければ借りる人はいない」
「TPP、日欧EPA、日米FTAとやってきて輸入農産物が広がれば、日本の農業はどうなるのか。いまや食料自給率は37%に落ち込んだ」
 そして、貿易協定を見越して食の安全の規制緩和がなされている現実について、アメリカの現実を紹介した。遺伝子組み換えや異蛆虫やハエの卵、カビなど異物混入の事例に会場も驚きの声。「日本の農家がダメになれば、知らないうちこうなる。農業危機は食料危機」「農業は命にかかわる食料生産だから農民だけの問題ではない」と訴えました。
 最後に、「市東さんが農地を守る姿は、日本の農家にあるべき姿を示していると思う」と称え、支援を呼びかけました。
 小川さんの報告は廃業に向けられる農家の現実をリアルに伝えるとともに、農業を守ることの大切さを教えており、会場は拍手で応えました。
 その後、市東さんとともに壇上で質疑の時間(上に写真)。小川さんらが主催した農業問題研究会の活動や、太陽光によるソーラー・シェアリングなど、多彩な質問に応えました。
「父・東市さんが生きていたら、今の市東さんになんと言うだろう? 継いでくれてありがとう?」という孝雄さんへの質問には、
「ありがとうとは言わないだとうけど…、まあ、頑張れくらいかな」と笑いながら対応する場面も。

▼沖縄現地から安次富浩さん
 続いて沖縄現地の報告を安次富浩さん。
「2004年の4月19日に辺野古にテント張って、今日で5,683日。ゲート前にもテント作って1,952日目。あきらめません。これが沖縄の闘い」と切り出して、「米軍植民地支配27年間闘い続けて日本復帰を勝ち取った。平和憲法のもとに戻ると思ったが、幻想だった。この国は民主主義国家ではない。復帰から47年、政府はメキシコに対するトランプのように、本土と沖縄の間に壁を作っている。米軍と戦い、この日本政府と戦っている」と話しました。
 そして、尖閣列島問題を口実とした与那国、石垣、宮古、奄美、徳之島への自衛隊の配備強化、SACO合意違反のパラシュート降下訓練や、戦闘機の墜落事故、米軍規律の乱れなどについて報告し、問題にしない日本政府を批判しました。また、埋め立てがどんどん進むというNHK報道、「辺野古から」というタイトルで「辺野古区民 対 沖縄県民のたたかい」などと誤ったメッセージを送る報道姿勢など、側面からの圧力があることを明かしました。

「埋め立てが始まって1年になるが、工事は全体計画のわずか2パーセント。海面から3メートルの護岸を作って辺野古側を埋め立てている。本来は大浦湾側が、埋め立て計画の第一段階。それができないのは軟弱地盤と2本の活断層。これがバレた。日本の技術では対応できない」と現状を報告。
「われわれは決してあきらめない。知事選では団結して勝った。県民投票でも各種の選挙でも民意が現れた。県外にも、国際社会にも訴える。みなさんは沖縄に来ることも大事だが、ヤマトで安倍政権との闘いを頑張って欲しい。あきらめない、粘り強いたたかいで連帯してこの国を変えよう!」と力を込めました。最後に、焼失した首里城再建への支援を訴えました。

 このあと、弁護団の講演と裁判報告へ。その報告は次回に。

 

|

« 大きく「間違っている」のじゃないか! ──請求異議控訴審 11・9シンポジウム 報告(1) | トップページ | 大きく「間違っている」のじゃないか! ──請求異議控訴審11・9シンポジウム 報告(3) »