« 大きく「間違っている」のじゃないか! ──請求異議控訴審11・9シンポジウム 報告(3) | トップページ | 次回裁判は1月16日です  請求異議控訴審第2回 »

大きく「間違っている」のじゃないか! ──請求異議控訴審11・9シンポジウム 報告(4)

 最後は、事務局から閉会のあいさつ。シンポジウムの率直なまとめを、抜粋し掲載します。

 ────────────────────
 弁護団の総力を結集した膨大な控訴理由書からは、法理論にとどまらない、人としてあるべき声が聞き取れます。この姿勢、行動こそが、極めて困難な異例の裁判を継続させている原動力だと思います。
 そして市東さんの農地をめぐる一連の裁判は、農業と農民の権利についての新しい地平を拓いてきました。
 しかしながら日本の司法・裁判所をえぐり出し遠藤先生のお話は衝撃でした。でもそのお話は、私たちがさらに闘うことの意義を改めて確認させるものだと思います。
 困難な状況の中でも市東さんは、天神峰の大地にどっしりと足をつけて、前を向いています。その姿に私たちは励まされます。
 今日は残念ながら参加されなかった石原先生が、「産直」の取り組みを「衰退する日本農業の再生の道」とおっしゃっています。小川浩さんの報告は、農家の立場からこの闘いの大切さを教えています。

 30年前の今日、ベルリのン壁が崩れました。歴史が動いた日です。世界は新たな希望の時代に向かうかと思われたのに、今、世界中で格差と貧困が拡がり、不寛容がはびこっています。でも歴史は動くのです。あきらめずに運動を継続していけば必ず時代は巡ってきます。沖縄の闘いは大きな指針です。安治富さんのお話から大きな力をもらいました。
 決してあきらめず、粘り強く、市東さんを先頭に、不正義で理不尽な権力と闘っていきましょう。そして必ず勝利しましょう!

 次回の公判は1月16日。請求異議裁判は1回1回が勝負です。大きく結集して裁判所に訴えて行きましょう。正義を為せと!

|

« 大きく「間違っている」のじゃないか! ──請求異議控訴審11・9シンポジウム 報告(3) | トップページ | 次回裁判は1月16日です  請求異議控訴審第2回 »