« 2020年1月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年3月

請求異議控訴審の期日が取り消されました

3/25-27の期日が取り消され、以下の期日が決まりました。
 ▼6月3日(水) 
   午後2時開廷 東京高裁102号法廷
   証言:市東孝雄、平野靖識
   補佐人陳述:石原健二(農業経済学)
 ▼7月1日(水)
   午前10時30分開廷 東京高裁102号法廷
   最終弁論
 新型コロナウイルスの感染対策です。密閉された法廷に長時間置かれる危険からして当然の措置でしょう。

 また、3月18日に千葉地裁で、農地関連のヤグラ裁判が予定されていましたが、この裁判期日も取り消されました。新たな期日は調整中です。

|

3・25-27異例の連続裁判へ! ビラを配布しています

34_blogs 34_blogs_20200307150001

 請求異議控訴審は、年度内結審をかためた菅野裁判長の不当な訴訟指揮により、3月25-27日と連続して開かれる予定です。
 市東さんの会では、先月12日から東京高裁前とNAA東京事務所(丸の内)でビラを配布して抗議を続けいています。
 多くのみなさん、裁判傍聴にお集まりください。

 新型コロナウイルスの感染拡大で、裁判員裁判を中心に一部の裁判期日が取り消されています。熊本地裁では72人傍聴の大法廷であることから、旧優生保護法による不妊手術強制に対する国賠訴訟の裁判期日が取り消されました。
 他方、最高裁は一席ずつ傍聴席の間隔を空けて着席させて判決を強行しました(6日)。閉ざされた法廷に長時間置かれる感染の危険を軽視する一方、感染を理由に公開原則に制限を加えるこうしたやり方はまったく認めることはできません。
 異例の連続裁判ですが、不当な訴訟指揮に負けることなく取り組みたいと思います。
 期日や傍聴形式に変更がある場合は、ただちにお知らせしますので、ご注意ください。

|

« 2020年1月 | トップページ | 2020年5月 »